2017年04月19日

Finepix S9100

先日のプリンカムの動作確認のついでにFinepix S9100の確認作業も行いました

このカメラは2006年に発売された物で俗にいうネオ一眼と言われるコンパクトデジカメです

このカメラの特徴はまず単三電池が使える事、いざとなればコンビニでもあれば電池の補給が可能なので専用バッテリーを購入することなく電池の使いまわしが出来る事ですね

コンデジなのにカメラレリーズが使えたり記録メディアもXDピクチャーカードとCFカードの2枚刺しが出来ます
それに日本製なのですわメイドインジャパン!!
IMG_2629.JPG
この後の後継機にあたるHS30EXRとは違いネジ穴も金属製ちなみにプリンカムも金属製でした
こういう露骨なコストダウンが富士のFinepixシリーズに見られたのは残念な事でした

実際ネオ一眼から富士フィルムは撤退してしまいましたしね

さて久しぶりに触ってみると手動ズームが心地よいスコスコ回ります
倍率は大きくないが動きのある物を撮影しなければまだまだ現役で使えるんじゃないですか?
デザインも悪くないと思いますよ、現在のメインマシンHX400Vよりかっこいい
IMG_2632.JPG
まぁ欠点と言えば動作がもっさりしている事ですけどじっくり1枚を撮影するには時間をかけてもいいのです
プリンカム同様故障するまで使い切らないともったいないですね

それだけにHS30EXRの脆さは富士の品質管理に問題があったんじゃないかと思いますね
都合3度故障してますからねHS30EXRは・・・・。

写真写りは好きだったんだけどなぁ・・・HS30EXR
IMG_0273.JPG


posted by 園長 at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

インスタックスミニ

先日のプリンカムの動作確認をしている際に気が付いたのはチェキのフィルム
インタックスミニの事でした、色々なバリエーションもありますが

白黒で印刷できるタイプもあったのですね、最近はPC側で画像を触ることが
多いので昔からある白黒フィルムという概念を忘れてました

フィルム自体はISO800に対応しているのか
ちなみにプリンカム本体はISO125相当だそうですよ

そしてプリンカム本体でも古いカメラとはいえセピア、白黒位は加工できるのですよ

カードリーダー(書き込みも出来る筈?)も発掘したので今のカメラで撮った物を画質を落として軽量化してプリンカムで印刷するという技も使ってみるか?

インスタントカメラにはインスタントカメラの良さがありこれからも残り続けるでしょう
ちなみに現代ではプリンカムではなくこんな商品がありますよ



posted by 園長 at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月17日

やっぱりプリンカムは面白い

昨日動作確認のためにFinepix PR21・プリンカムを出してきましたが
やっぱりこのカメラ面白いわ、もっとも実用性というか外に持ち出したいかというとそれはまた別問題ですけれども

もし動作不良ならと思いチェキのフィルムは購入しませんでしたけど今度はプリンター部分のテストですね
流石に1999年のカメラ今とは全く違います、まぁ使い辛いのなんの、液晶画面が小さい液晶画面が暗い

ファインダーはあるけど使えない細かい設定が出来ない、いつの間にか内臓テンプレートが消えている(これは私には何の問題もない)など難点は数えればキリがありませんが適正な距離で条件が揃えばなかなかの写真写りが期待できるカメラですから

デジタルカメラとしてはクラシックカメラと言ってもいいでしょうでもまだチェキのフィルムが手に入る限り現役マシンとして使えるのだ(大笑)

そう・・・チェキとしてインスタントカメラとして利用すればいいのです
もう部品も修理も出来ないマシンだからこそ寿命まで使わないとね、このカメラは故障しても手元に置いておきますよ

なにせ最初に手に入れたデジタルカメラなのですから





posted by 園長 at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月16日

CASIO EXILIM EX−Z920 最初期インプレッション

2017年3月に発売になったカシオ エクシリムEX−Z920の初めてのインプレッションを書いていきます

このカメラはEX−Z29の流通モデルという位置づけで中身は全く同じと言ってよいでしょう
説明書には連名で印刷されていましたので機能はほぼ同じと考えて差し支えないかと

今回は最初という事で最高画質でプレミアムオートという機能を使った撮影をしてみました
有効画素数1600万画素と売りの画像解析プログラムの組み合わせはいかに?

CIMG0023.JPG
全体的に甘い写り方だと思いますソフト目の表現ですね
CIMG0038.JPG
空は綺麗に表現されている

他のモードも試さないといけないのですがしばらくはプレミアムオートで撮影してみてから標準のオートや違うモード試してみようと思ってます

オートなら露出補正もある程度調整できますから(プレミアムオートは手動で露出は変えられない)
自分が思っている写真を撮れると思います

まぁ値段相応のスナップカメラ、記録メモ代わりと割り切れば便利に使えると思います
連写機能もありますがこの間隔は連写と言って言うのかどうか?

iPhone6sで光学ズームは出来ないので6倍くらいの倍率が欲しい際には重宝するかも?
iPhoneのバーストモードの半分でもいいから連写が利けばなぁ(苦笑)

動画は一応HDレベルで撮影可能ただし音声はモノラルです
個人的に気に入らないのはやっぱりネジ穴がプラスティック製、ちょっと扱い間違えるとネジ穴が馬鹿になりますね


ちなみに動作確認のためにプリンカムに電池を入れてみました
IMG_2625.JPG
230万画素の1999年製デジタルカメラ、大容量の電池だとなぜか動作不良となるので1000mAhの電池を使用
今回はテストの為にチェキのフィルムは投入しませんでしたけど写真が写るのは確認できました

スマートメディアを読み取れるカードリーダーがあったのでPCに転送できました(笑)
Finepix PR21 プリンカムで撮影したEX−Z920
DSCF0002.JPG
Web上だと1610万画素も230万画素もそれほど大差ないでしょ?
大判でプリントアウトしない限りホームページの素材としては大差ないのです

ちなみにプリンカムの写真はiPhone6Sで撮影
容量は1.84MB、プリンカムで撮影したEX−Z920はわずか860KB

1枚目の写真はEX−Z920で2.98MB・・・
画素数=写真のクオリティとは限らんのですよ(大笑)

だから写真は面白いのです、素人レベルの私でもね!



posted by 園長 at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月15日

取材道具のアップデート中

昨年末からメインカメラをHS30EXRからDSC−HX400Vに変更し
サブカメラもDMX−CA65から本日EX−Z920SRへと入れ替えました
IMG_0129.JPG
まぁ今回は防水カメラではないので完全なる置き換えとは言えないのですが
これでiPhone6Sの負担が少し減ることになるでしょう

一応予備バッテリーは準備していますがバッテリーをつないだまま撮影というのもちょっと苦しいですしね

で今回のアップデートでの装備は・・・
ポケットwifi、予備バッテリー、EX−Z920SR、iPhone6S、ipad mini2
写真には写っていませんがDSC−HX400Vがデジタル部門の装備、後はアナログでペンとメモ帳
DSC01767.JPG
写真はイメージですけどまぁこんな感じで
とりあえず迷ったら撮るの精神でネタを拾ってきます
posted by 園長 at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月14日

DSC−HX400Vに花形フードを装着

Twitterの方には写真をアップしましたけどDSC−HX400Vに花形フードを装着しました

元々純正では花形フードはオプションでもなく、この辺りは富士フィルムのHS30EXR(こちらはオプションでしたが)に比べると使い勝手が悪いですね
IMG_2526.JPG
さてそれでは花形フードはどうするの?という話になりますがレンズフィルターのネジが切っているのでここに55mmのタイプを選んで装着しました

装着自体は簡単なのですがリングの調整をしないときちっとした位置にフードのセンターが来ませんので要調整です

実際使ってみた感想は広角側にした場合ケラレが左側に出てしまいました倍率1.1倍にするとケラレは消えるのですけどね

一応レンズ保護のバンパー的な役割を期待していますのでもしケラレが気になるようならトリミングで切り取るかフォトショップ系で修正を掛ける事になります

今回はケラレが出るかのテストも兼ねていたので安物のフードを買いましたが結構いい値段の花形フードでもケラレが出ないとは限らないのでとりあえずこのフードを使う事にします

まぁ見た目はアレですけど、値段の分は働いてくれると信じます(笑)
IMG_0127.JPG

この機種に限らず俗にいうネオ一眼、高倍率コンパクトデジカメでレンズフレアに困っている人は試してみてもいいのではないでしょうか?

posted by 園長 at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月13日

工場見学

最近では色々な所が工場見学をさせてくれます
自動車工場なども予約さえ取れれば(主に平日ですが)結構簡単に見学できます

食品工場なんかは試食も出来ますし、ビール会社などでは試飲もw
ちょっとドライブがてら行って見るのもいいのではないでしょうか?

ただし・・・飲酒運転はダメですよ!

こういう雰囲気大好きなんですわ〜サントリー大山崎蒸留所

posted by 園長 at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記