2014年10月13日

サイトの更新をしました

サイトの更新をしました、今回のマシンはSUPER GT GT500クラス参戦マシン、レクサス RC Fです
このマシンについては・・・撮影失敗の連続で(笑)ピンボケが多かった思い出があります

特に39号車デンソー・コベルコ・サードRC Fはほとんどピンボケでした

次の撮影機会にはなんとか・・・・

posted by 園長 at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | マシン裏話

2014年10月05日

サイトの更新をしました

10月最初のサイト更新をしました、別にF1日本GPに合わせたつもりはないですよ?!
今回のマシンは全日本F2に参戦していたマーチ86Jです

写真的にはホンダエンジンを搭載したシャーシとヤマハエンジンを搭載したマシンをアップしているのですが、よく見ると同じシャーシとは思えないほど形が違っています

実はヤマハエンジンを搭載している方はエンジンカウルが童夢製の物でエアインテークに特徴があります
この頃のF2ってエンジンむき出しやハーフカウルっぽい仕様が主流なのでこの86Jヤマハは貴重だと思います

OX66エンジンは5バルブ仕様でホンダRA266Eは4バルブ仕様でしたから違うアプローチをしていたんですね
吸排気効率が良く成る事を期待しての5バルブ化でしたがやっぱり複雑になるなど主流にはなりませんでしたね

posted by 園長 at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | マシン裏話

2014年09月07日

マクラーレンホンダMP4/6,MP4/7A

書き忘れていましたが実はマクラーレンホンダMP4/6、MP4/7Aの写真も追加しています
この数年マクラーレンホンダMP4/4からMP4/7Aまでの展示が増えました

デモ走行できるのは4,5,6だけかもしれませんが・・・・

もっとホンダエンジンを搭載したF1マシンってあるのですがコレクションホールの手元にあるマシンは意外と限られているのかもしれません

無限ホンダまで入れればリジェやジョーダン、SUPER AGURI、ロータス、BAR、フットワークなどホンダエンジンを搭載したF1は結構あります

ここまで登場しないとなると海外へ流失しているんでしょうね・・・
まぁグッドウッドなどで現役バリバリに走行できる方がマシンにとっては幸せかもしれませんが

トヨタにしてもウィリアムズやジョーダンにエンジンを出していたんだから1台くらい確保しておいて欲しかったなぁ

2015年にマクラーレンホンダが復活する訳ですが、コレクションホールに展示する事が出来るのか?
それとも門外不出のマシン達になってしまうのかはホンダの交渉力にかかってますね(笑)

posted by 園長 at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | マシン裏話

ウィリアムズホンダFW11,11B

写真の追加をしました
今回のマシンはウィリアムズホンダFW11、11Bの2台

このマシンは近年見る機会が多くなり特にFW11はデモ走行に駆り出される機会が増えました
中野信治選手や星野一義監督がデモ走行している姿を見た方も多いでしょう

実はこのマシン実際ナイジェルマンセルが数レースを戦ったのち日本に戻って星野監督がエンジンテストを繰り返したマシン
このマシンをナイジェルマンセルが2014年日本F1GPでデモ走行をする訳です

マンセル・・・コクピットに収まるだろうか?(笑)


posted by 園長 at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | マシン裏話

2014年09月03日

マクラーレンMP4−12C GT3

サイトの更新をしました、今回のマシンはSUPER GT300クラスに参戦している
マクラーレンMP4−12C GT3です

このマシンはエヴァンゲリオンカラーをまとった時に注目されましたね
まぁ紫電ほど似合ってはいませんでしたが、14年カラーになるとマシンのデザインが良く判りますね

このデザインなら空力的に優れているマシンだと思います



posted by 園長 at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | マシン裏話

2014年07月14日

マクラーレンホンダMP4/5B

今回はこのマシンとの思い出を・・・
最近(近年)見る事が多くなったマクラーレンホンダMP4/5Bですが
私にとって一時期ぱったりと見なくなったマシンでもありました

デザイン的にはそれほど好きなマシンではないのですが、ホンダV10の力で勝利を重ねたマシン

最初に出会ったのは93年ごろ?鈴鹿サーキットのレストランの中に飾られていました
記憶が正しければ全日本F3000開催中に見た筈です
(この頃はメモを取る記録を残すという作業はしていなかったのであやふや)

当時はデジタルカメラは所有していませんでしたので富士フィルム製の写ルンですで撮影
もちろんその頃はサイトを持つという事も考えていませんしそもそも個人のホームページがあったのかすら定かではありません

そんな当時の思い出のマシンマクラーレンホンダM4/5Bの写真は結構、検索エンジンで私の写真が上位に来る時があります
P3140153.JPG

P3140087.JPG
この写真ですね、2004年に撮影しました

ご丁寧にこのマシン以外にもMP4/4、フェラーリF2001など転載しているサイトを発見
この手のまとめブログ・サイトは自分の手で素材を準備するという手間をかけてないので評価以前に軽蔑します

Web Galleryを作りたいのなら自分の足で稼いでみなさい
私個人の写真位なら可愛いもんだがプロの写真を無断で使うのはどうかと思うぞ?
中にはご丁寧に写真にコピーライトがあるものも有る位ですし何も考えてないんだろうなぁ・・・
この管理人は・・・(あきれ顔)

ばれないと思っている事自体情けない・・・
検索エンジンのイメージ検索知ってますか?




posted by 園長 at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | マシン裏話

2014年07月11日

三菱コルトF2000

サイトの更新をしました、今回登場するマシンは三菱製フォーミュラマシン
コルトF2000です、このマシンの特徴は小さくではありますがフロントウィング、リアウィング
そしてサイドラジエーターを装備しているという当時としては先端なデザインでありました

当時の写真を見れば、ちゃんとミラーは左右付いているんですがこのマシンは片方ありませんね・・・?

どの時点で行方不明になったのでしょうか?(笑)

当時最強の2リッターと言われたエンジンで言わば勝ち逃げしたマシンですね!

posted by 園長 at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | マシン裏話

2014年06月29日

春と今の違いは?

鈴鹿ファン感謝デーの頃と昨日のテストとの比較細かく見て行けば違うんでしょうけど、カラーリングが完成すればずいぶん印象が変わりますね
GT3仕様のRC Fも気になる存在ですが今年はこのマシンに注目しておきます
(GT−Rは細部を見れば別物だけどデザインは引き継いでいるしNSXコンセプトGTは・・・・)

LEXUS RC F(GT500仕様)
鈴鹿ファン感謝デーにて
鈴鹿GTテストにて
posted by 園長 at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | マシン裏話

2014年06月22日

March HONDA 812

サイトの更新をしました、今月初更新か?(手直しはしてましたけど)今回登場したマシンはマーチ・ホンダ812です

JPSカラーが眩しいこのマシンは2002年から04年にかけて3回撮影のチャンスがあった物を
使っていますので解像度が低い・・・・

今もコレクションホールには常設展示していると思いますので興味のある方はツインリンクもてぎの
コレクションホールで実物を見てくださいね

http://f1-web-gallery.sakura.ne.jp/cn20/pg174.html
posted by 園長 at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | マシン裏話

2014年06月20日

今後の更新予定

とりあえず週末にマーチ812をアップした後はミツビシ・COLT F2000を出す予定です

現時点では三菱自動車最期のフォーミュラマシン
さていつ頃に登場させられるやら?7月に入るかな?

その後はGTマシンを中心にアップする予定です
なかなか時間が取れないけど今までの振り返り的なページも作りたいのですが・・・
若さが足りねぇ・・・・(大笑)

posted by 園長 at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | マシン裏話

2014年06月06日

ページの移動

F2シャーシのマーチを独立したページに移すことになりますまだ作業はしていませんがマーチ812とマーチ86Jをアップした時にマーチ90Bと共にマーチの項目を作ります

旧サイトより写真の解像度を上げれますので多少ましになるかと思います
さてマーチ812の写真を探すか・・・2004年ごろだよなぁ?
posted by 園長 at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | マシン裏話

2014年06月04日

マシン選定裏話

サイトの更新をかける際にここで予告をしたりしていますが大ポカをかましたことが何度かあります

予告をしていたマシンがすでにアップしていたとか(大笑)
正直昔なら大体把握していたのですが、最近はどうも怪しい・・・・(汗;)

旧サイトならある程度年度単位でアップしていたという(たとえば04年参戦マシンを順番にアップするとか)事もあり管理は簡単だったんですが

今のメインサイトはデタラメにアップして来た弊害が・・・まぁ200車種近い数をアップして来たんだ間違いもするわと自分に言い訳をかましておきましょう

で次にアップ予定のマシンはGTマシンの予定でしたがフォーミュラに変わるかもしれません
写真フォルダを漁ってみてから考え直すことになるでしょう

今日は疲れたので就寝することにします、次回更新は出来れば週末辺りに〜

posted by 園長 at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | マシン裏話

MAKI F101

昨日からMAKI F1やMAKI F101、速水 翔などでの訪問者が増えていたので何事?と思いましたらとうとうF101が走ったのですね・・・・感慨深いです

広島西飛行場跡での走行シーンを見つけました
関係者以外は見学できなかったのかな?何にしろこれを復活させた当時の学生さんたちは何を思うかな・・・

いつかこの目でMAKI F101 FORD Coswarthの走行場面を見てみたいですね


posted by 園長 at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | マシン裏話

2014年05月28日

没になりそうなFL500マシン達

先日FL500のハヤシ706をアップしましたがあと何台かは撮影できたのですが正体不明なマシンが多くて今後アップ出来るかどうかわかりません

いつの日かちゃんと紹介出来るように調べてみますね
たとえばコジマエンジニアリングのマシンや鴻池スピードKS07、多分アウグスタ(苦笑)

私の知らないFL500の世界・・・勉強不足、経験不足が露呈する〜

コジマエンジニアリングFL500
鴻池スピードKS07
アウグスタ?
posted by 園長 at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | マシン裏話

2014年05月27日

ハヤシ706H

5月最後の更新をしました今回登場したマシンはFL500のハヤシ706Hです

このマシンの特徴はやっぱりカウルの造形ですね、1970年代の下位フォーミュラなのですが
かなり凝ったつくりとなっています、他のFL500マシンもレギュレーション的にどうだったかは判りませんが
個性的なデザインのマシンが目に付きました

流石にこの時代のマシンに対する知識、思い入れはないのですが現物を見れば興味深いマシン達でありました
オーナーの皆様にはこれからもこのコンディションを守っていただいてまたいつの日かサーキットで快走する姿を見せてもらえたら・・・

http://f1-web-gallery.sakura.ne.jp/cn20/pg172.html

posted by 園長 at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | マシン裏話

2014年05月12日

マクラーレンホンダの写真を入れ替えました

今回はマクラーレンホンダMP4/4、MP4/5、MP4/5Bの写真を入れ替えましたなんだかんだで第二期F1マシンのマクラーレンホンダはこの前のファン感謝デーで同時に登場しましたね

これであとMP4/5B、MP4/6、MP4/7Aの動画撮影が出来れば本望なのですが・・・
これだけかかわってきていますがMP4/5BとMP4/7Aのデモ走行って見ていないのですよ

ホンダコレクションホールに展示してあるF1マシンで動態保存しているマシンは出来るだけ生でエンジンサウンドを楽しみたいですね

http://f1-web-gallery.sakura.ne.jp/album/pg6.html
posted by 園長 at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | マシン裏話

2014年05月10日

サイトの更新をしました

今回登場のマシンはチシタリア204Aですそういえばアウトガレリア・ルーチェのチシタリア展には行けなかったんですよねぇ・・・残念

このマシンは1950年に制作されたマシンなのですがオリジナルは1946年に完成している204
サソリのマークで有名なアバルト氏が未完成の車体4台を引き取って完成させたマシンが204Aなのですよ

このマシンを撮影したのが2007年かぁ・・・・早いなぁ・・・・(苦笑)

http://f1-web-gallery.sakura.ne.jp/cn21/pg171.html
posted by 園長 at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | マシン裏話

2014年04月28日

F1でアクティブサスペンション復活の動きが?

ネットニュースを見てみれば将来F1でアクティブサスペンションが復活するかもしれないとの事あれってお金かかるシステムだと思うけど、それ以上にドライバーの負担が半端なく大きいのですが

能動的に車高をベストな状態にするアクティブサスペンションは運転を楽にするようなイメージを持っているでしょうけど
実はその逆でドライバーの感覚をダメにするシステムのようです

ドライバーが本能的にここまで踏み込んだらまずいと思う領域からさらに奥が限界値となる為そのリミッターを外せる
ドライバーのみが使いこなせるシステムですから

今の技術なら90年代のアクティブサスペンションよりはるかに高精度で作動するでしょう
そうなった時ドライバーというか人間の反応速度の限界を超えてしまって大事故につながりそうな気がします

ドライバーの限界を超えたコーナーリングスピードをたやすく作り出した時・・・・どうなってしまうんでしょうねぇ?
posted by 園長 at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | マシン裏話

2014年04月20日

ロータスT128.ルノー

サイトの更新をしました、今回登場するのはロータスT128・ルノーこのロータスは私が愛してやまないJPSロータスカラーをまとっていたロータスとは全く別のチームです

現在F1に参戦しているロータスも本当の意味での直系とはいいがたいですし・・・
コリン・チャップマンが生み出した独創的なシャーシとデザインを今の尺度で考えるのはいけないのですが
今のF1が見ていて楽しいかどうかはリアルタイムで見たF1が全て・・・

さてそんな愚痴はさておき2011年のF1マシンになるロータスT128・ルノー
この次の年には忌まわしき段差ノーズが登場するのですよ

それにしてもスーパーフォーミュラのSF14にどことなく似ているような・・・?

http://f1-web-gallery.sakura.ne.jp/album/pg170.html
posted by 園長 at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | マシン裏話

2014年04月17日

スピリットホンダ201C

サイトの更新をしました、今回は写真の追加だけですが自分にとっては懐かしいマシンスピリットホンダ201Cです、前回アップしたスピリットホンダ201はF2だったのに対して
このマシンは第二期ホンダF1の基礎となるマシンです

ドライバーはステファン・ヨハンソンが担当しましたが、なぜテェイリー・ブーツェンが選ばれなかったのだろうか?
実績なら当時ブーツェンの方が上だったはずなんですけどねぇ・・・・

さてこのマシンF2のシャーシをベースとしたためアンバランスなデザインが特徴です
当時のレギュレーションは今とは全く違うので比較の対象にはならないでしょうけどこのマシンは
1.5リッターV6エンジンを搭載しています、この無骨感がなんとも・・・

正直このマシンよく残ってたと思いますよ、たいした実績もなくスピリット・レーシングもその後あれな展開でしたし・・・・・

まぁそんな裏事情はともかくホンダF1の歴史の1ページを刻んだこのマシン
見た感じ動態保存っぽいんですけどねぇ?デモ走行をしたという話は聞いていませんねぇ・・・

http://f1-web-gallery.sakura.ne.jp/album/pg36.html


posted by 園長 at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | マシン裏話