2017年04月17日

やっぱりプリンカムは面白い

昨日動作確認のためにFinepix PR21・プリンカムを出してきましたが
やっぱりこのカメラ面白いわ、もっとも実用性というか外に持ち出したいかというとそれはまた別問題ですけれども

もし動作不良ならと思いチェキのフィルムは購入しませんでしたけど今度はプリンター部分のテストですね
流石に1999年のカメラ今とは全く違います、まぁ使い辛いのなんの、液晶画面が小さい液晶画面が暗い

ファインダーはあるけど使えない細かい設定が出来ない、いつの間にか内臓テンプレートが消えている(これは私には何の問題もない)など難点は数えればキリがありませんが適正な距離で条件が揃えばなかなかの写真写りが期待できるカメラですから

デジタルカメラとしてはクラシックカメラと言ってもいいでしょうでもまだチェキのフィルムが手に入る限り現役マシンとして使えるのだ(大笑)

そう・・・チェキとしてインスタントカメラとして利用すればいいのです
もう部品も修理も出来ないマシンだからこそ寿命まで使わないとね、このカメラは故障しても手元に置いておきますよ

なにせ最初に手に入れたデジタルカメラなのですから





posted by 園長 at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179468693
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック