2016年10月22日

飛燕

本日、兵庫県・神戸ポートターミナルで展示している戦闘機
飛燕とカワサキNINJA H2Rの撮影をしてきました

実は日本軍の戦闘機を生で見るのはまだ3回しかなく知識不足のまま撮影に臨みました
昔京都・嵐山で展示されていたゼロ戦、呉市の大和ミュージアムのゼロ戦、そしてこの飛燕

飛燕のデザインは過去に見てきたモノとは一目で違う事がわかりました
所々完全に修復できなかったような箇所もありましたがそれでも現存する唯一の飛燕の雄姿を見る事が出来たのは良かったですね

エンジンやターボチャージャーの実物も展示されており興味深いイベントでありました
このような展示を見てやれ戦争だ軍国主義だと騒ぎ立てる阿呆どもも居ますが

純粋に1940年代の工業製品としての機能美を現代に蘇らせた有志の皆さんの努力に頭が下がる思いです

神戸の展示が終わると岐阜県での展示になるそうなのでお近くの方はお早めに

DSCF2962.JPG

そして飛燕の露払いともいえる最速のH2Rも展示されていました
H2Rの実力は鈴鹿サーキットのデモ走行でいやと言うほど見せつけられましたので

近影でしっかりその造形をチェックしてきましたよ
なかなか街中でサーキット専用車(レースにも出ていません)を見るチャンスですよ
DSCF3162.JPG

posted by 園長 at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | マシン裏話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177358002
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック